シャンプー後のタオルドライの時出る抜け毛対策

d24e2281c6cb10e95c435759a56f9e30_s

髪の毛を乾かすときにも正しく行うことで抜け毛対策ができます。

髪は乾かし方も大事

薄毛が気になるときにはシャンプーや洗髪方法などに気を配る方は多いですが、乾かすときには無神経になってしまう方もいらっしゃいます。間違った方法でタオルドライを行っていると抜け毛の原因になりますので注意が必要です。

髪の毛にとって頭皮はとても大切です。ゴシゴシとタオルで拭いてしまうと大きなダメージを与えてしまいます。濡れている状態の肌や髪の毛は傷付きやすいですし、毎日のことですから意外とダメージは蓄積してしまいます。

正しい方法でタオルドライすることが大切です。体を拭くときのようにゴシゴシと擦るのはいけません。タオルで乾かす前に、まずは軽く髪の毛の水分を取っておきましょう。

手で水分を切るなど、ちょっとしたことで水分を減らすことができます。びしょびしょのままで乾かすよりは負担が軽くなります。

優しくタオルドライを

タオルを使うときには、水分をタオルに吸い取らせるようなイメージで優しく拭いていきましょう。

頭皮を乾かすことが大切ですから、頭皮の水分を吸い取るイメージも大切です。頭皮の水分を吸わせてから、髪の毛の水分を取っていきましょう。タオルドライのときに乱暴にしてしまうと抜け毛が出ますので、優しく行うことを心掛けましょう。

タオルそのものがごわついてたり、吸水力が弱かったりすると上手く行うことができません。清潔で吸水力の高いタオルを用意することもタオルドライのときの抜け毛を少なくする効果が期待できます。

なるべく手早く髪の毛を乾かしたほうが頭皮も冷えませんし、雑菌の繁殖も防ぐことができます。だからといって、乱暴にするのはよくありません。使いやすいタオルを用意して、優しく、丁寧にタオルドライをしましょう。

ドライヤーを使って髪の毛を乾かすときにダメージが気になるのであれば、このときにもタオルを使ってドライヤーの熱が直接、髪や頭皮に当たらないようにしながら乾かすという方法もあります。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ