育毛サロン(アデランスやアートネーチャー)に期待したら後悔する理由

aderansu

育毛サロンへ通うことはオススメできない

今回は、育毛サロンに関して解説していきます。
しょっぱなから言うのもあれですが、育毛サロンは先ずオススメできません!

その理由は簡単。

育毛サロンでは薄毛を治すことは出来ないからです。

効果のない育毛や発毛系の方法として、育毛剤やシャンプーなど色々ありますが、その中でも育毛サロンは一番やめておいた方が良いと感じます。

何故なのか?
詳しく解説していきたいと思います。

育毛サロンとは何をしてくれるところなのか?

育毛サロンとは有名どころとしてはアートネーチャーやアデランス、リーブ21やスヴェンソンなどがありますね。

これら育毛サロンが行うことは

・マッサージをする
・サプリメントなどを提供する
・増毛を勧める
・カツラを勧める

主にこの4つです。

マッサージやサプリメントは、ほとんど薄毛の予防になりません。
マッサージは頭を洗うときに自分で行えますし、サプリメントも市販で購入することができるので、わざわざ高いお金を払って育毛サロンに通う必要はないでしょう。

頭皮マッサージの解説はこちら

薄毛予防の効果があると言われているサプリメントの解説はこちら

育毛サロンでは増毛を勧められる

育毛サロンは、頭皮のマッサージやサプリメントが効かなければ、次のステップとして増毛を勧めてきます。

増毛とは、自毛1本1本に、数本の髪の毛を結んで髪の毛が増えたようにみせる方法です。
これにはかなりのデメリットがあります。

・自毛に負担がかかる
・メンテナンスが必要なので高い費用がかかる
・毛がないと受けることが出来ない
・根本的な解決ではないのでどんどん抜け落ちていく

など、様々です。
増毛の詳細はこちら

カツラも勧められる

増毛をすることができないくらい、薄毛が進行している方や、増毛を希望しない方にはカツラが勧められます。
そのカツラにも、様々なデメリットがあります。

・頭が蒸れ、自毛に負担がかかる
・メンテナンスが必要なので、かなりの費用がかかる
・バレる可能性がある

主にこ3つですね。
カツラは1つで半永久的にもつものだと勘違いしている方が多いですが、カツラも増毛と同じように、メンテナンスが必要になります。
使用していると、どんどん痛みますからね。

なので、費用がかなり高くなってしまいます。
カツラを育毛サロンから借りるくらいなら、カツラ専門店で購入したほうがまだ安いですね。

このように、育毛サロンは根本的な薄毛予防の解決は一切、してくれません・・・。
さらに育毛サロンのスタッフはお医者さんではないので、法律上、薬を出すことが出来ませんし、植毛などの手術を行う技術や資格もありません。

芸能人を使った広告戦略は確かに凄いんですけどね。  

芸能人が宣伝しているので、いかにも育毛の効果があるような感じはしますが、根本的な薄毛の解決はできません。
出演している芸能人はもちろんですが、お金をもらって宣伝しているだけで、効果のほどは大して理解していません。

ですが、誰でも知っているような有名な方が宣伝していると、「効果ありそうだな」と感じてしまうものなんですよね。

それだけでなく、毎日、何度もCMが流されているので、「ハゲの悩みはアデランス、またはリーヴ21、アートネーチャーに相談すれば、問題なく解決してくれる。」
と、無意識に脳が考えてしまうのです。

しっかりとした正しい育毛、抜け毛予防方法を知っていれば育毛サロンに通わずに済むのですが、昔から何回もCMを観ていると、深く何も考えず、相談しに行ってしまうものです。
そして気づけば、何らかの育毛コースを選択してしまっている、なんてことになりかねません。

結論を言うと、アデランスやリーヴ21、アートネーチャーのような育毛サロンでは、定期的にお金を払うコースに入会させられ、頭皮環境の改善や増毛、カツラを提供されるくらいなので、お金のない方は特に、気を付ける。

動画でも解説しています↓

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ