サルでも解る「薄毛と遺伝の話」

sarurikai

薄毛と遺伝の関係性

薄毛と遺伝の話はよくされていますよね。

「お父さんがハゲだから俺もハゲる」「母方の祖父が薄毛だから、ハゲる」
こういったように言われると思います。

実際、ハゲるかどうか?は、遺伝がもろに関係しています。

薄毛になる確率

ハゲるかどうか?は、シンプルに確率ですね。

この確率は、メンデルの法則から計算することが出来ます。

遺伝子AA、遺伝子Aa、遺伝子aA
この3種類の遺伝子なら遺伝の原因でハゲることはありません。

ハゲるのは、遺伝子aaです。
つまりハゲてしまった方は、遺伝子aaを引いてしまったということになります。

父親の持つ遺伝子がAA、母親もAA

このように両親ともに、AAなら、生まれてくる子供は100%AAなので、ハゲません。
もしくは片方の遺伝子がAaaAでもハゲることはありません。

しかし、両親ともに、遺伝子aが入っていると、子供がハゲる場合があります。
例えば、父親がAa、母親がaAだと、AaAAaaaAが生まれてくる可能性があるので、1/4で将来ハゲる子供が生まれます。

ですが、両親がAaaAだと、ハゲていないので自分は何故ハゲたのか?分からないと思います。

この場合は、どちらかの祖父がハゲているか?確認すれば分かりやすいですね。

祖父がハゲていれば、祖父の遺伝子はaaとなるので、親のどちらかは確実に遺伝子aが入っているということが分かります。

父方の祖父がハゲているのに父親はフサフサなら、父親の遺伝子はAa
母方の祖父がハゲているのに母親がフサフサなら、母親の遺伝子はaA

父親もフサフサで祖父もフサフサといったように、血族のだれを見てもハゲていないのに生まれてきた自分はハゲてしまっている場合。
これは、祖母が遺伝子aAであったり、祖父はAAではなく、Aaだったなどという可能性が考えられます。

親がハゲている場合の確率は簡単ですね。
もし、父親がハゲていて、母親がハゲていなければ、父親は遺伝子aa、母親は遺伝子AAもしくはaAとなります。

母親が遺伝子AAなら子供はAaaAいずれかが生まれてくるのでハゲることはありませんが、母親の遺伝子がaAだった場合はaaaaaAAa、この4つの遺伝子が生まれてくる可能性があるので、将来ハゲる子供が生まれる確率は1/2となります。

さらに、両親ともに遺伝子aaだと、1/1、つまり100%ハゲるというわけですね。

ちなみに女性の場合は、遺伝子aaだとしても、男性のようにはっきりハゲないので、どの遺伝子を持つか?分かりにくいようです。

自分がハゲる確率があると分かったら、一刻も早く薄毛対策をすることをお勧めします。
毛根が死んでしまうと、永遠に生えてくることはありませんからね。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ