お酒、アルコールは薄毛の原因なのか?

ビール

少量のアルコールは、百薬の長と言われ、体によいとされていますが、過剰なアルコールの摂取は薄毛の原因になるとも言われています。

適量の飲酒は、血行を促進したり、ストレスの解消や快適な睡眠をもたらすことで心身や育毛の面で良い効果を期待できますが、多量の飲酒は健康を害する元です。

飲酒がなぜ薄毛や抜け毛の原因に?

アルコールを摂取すると、それを分解するために肝臓が働きます。肝臓でアルコールが分解される際には、アセトアルデヒドという毒性のある物質が発生します。

肝臓では、アセトアルデヒドも分解され、最終的に無害な酢酸になりますが、多量にアルコールを摂取しアセトアルデヒドの分解が間に合わないと、アセトアルデヒドが血液によって体中に循環してしまいます。

アセトアルデヒドは毒性が非常に高く、悪酔いや二日酔いの原因と言われています。

アセトアルデヒドが血液を通して体内に循環すると、脱毛を促進させるホルモンといわれるデヒドロテストステロンという物質を増加させ、その働きを促進させてしまうのです。

さらに、糖分が多く含まれたアルコールの摂取も薄毛の原因になります。

お酒の種類によっては、糖分が多く含まれているものも少なくありません。アルコールとともに糖分を摂り過ぎてしまうと、糖分によって皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴を詰まらせたり、頭皮環境を悪化させて抜け毛を引き起こしてしまい、薄毛になってしまうこともあります。

過度の飲酒は控え楽しいお酒を

ただ、飲酒によってストレス解消をしている人も多いのが現状です。

飲酒を我慢しすぎると、イライラ感を助長させ、ストレスを溜めてしまう可能性もあります。

飲酒が楽しみとなっている人の場合、毎日コップ1杯までにしたり、週に1回にするなど、薄毛にならない程度に飲酒ルールを決めてお酒を楽しむというのが、ストレスを溜めず薄毛になる環境をつくらないために大切なことです。

過度の飲酒は睡眠の質を落としてしまい、自律神経が乱れ交感神経が優位になり、男性ホルモンが活性化して薄毛になってしまうので、くれぐれも飲み過ぎにはお気をつけて。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ