薬が薄毛の原因となる?

くすり5

薄毛は多くの人が悩みを抱える身近な症状ですが、その原因には様々なことがあります

特に多いのが血行不良や皮脂環境の悪化であり、そうしたことが原因となって薄毛になる人は多くいます。

ですが必ずしも、そうしたことが原因となって薄毛が引き起こされるとは限りません

特に自分だけでは改善が難しい原因となっているのが、薬による薄毛です。

薄毛を引き起こす薬とは?

では薄毛を引き起こす薬にはどういったものがあるのかというと、やはり最もイメージとして強いのは抗がん剤でしょう。

抗がん剤はがんを発症してしまった人が使用するものであり、これを使用することでがんの進行を食い止め、治療をしていくこととなります。

これを使用するという場合には事前にウィッグを用意している人もいるほど抜け毛が発生するものなのですが、しかし他にも薄毛を引き起こす薬は数多くあります。

では他にはどういったものがあるのかというところででてくるのが、高血圧を治療するために服用する降圧剤です。

降圧剤の中でもアムロジンやタナトリルといった降圧剤は副作用として抜け毛が発生する恐れがあるとされています。

その他、インターフェロン製剤と呼ばれるようなものや、ヘパリンに代表される血液の凝固を妨げるものなどが薄毛を引き起こします。

それぞれによって薄毛が引き起こされる仕組みは異なりますが、副作用として存在しているのであれば、服用を続けているかぎり髪の毛が薄くなることは避けられないと言えるでしょう。

まずは疾患の治療を優先

こうしたことが理由になってしまっている場合は非常に残念なことではありますが、まずはその薬を飲む原因となっている疾患を治療することを目標にするべきです。

髪が薄いのが嫌だからという理由だけで服用を中止してしまうともともとの疾患が悪化してしまうことがありますし、時にはその後の治療プランにも影響が及ぼされることがあります。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ