薄毛対策に効果的な料理

ピーナッツ

薄毛の原因になる要素の一つにジヒドロテストステロンがあります。

このジヒドロテストステロンは、5αリダクターゼと呼ばれる物質とテストステロンが結びつくことで生成されます。

注目の亜鉛と大豆イソフラボン

この5αリダクターゼの発生を抑える栄養素として注目されているのが亜鉛と大豆イソフラボンです。

なので、この亜鉛と大豆イソフラボンを含む料理を食べることが薄毛の対策としては効果的と言えるでしょう。

この亜鉛と大豆イソフラボンの両方を摂取することができる食材が納豆です。

ただ納豆は嫌いという方もいると思います。そういう方にお勧めなのが豆腐です。

また、味噌にも大豆イソフラボンが多く含まれるので、豆腐の味噌汁を飲むことで亜鉛と大豆イソフラボンを多く摂取することができます。

亜鉛を多く含む食材としてはエビ、卵、小麦、チーズ、レバー、しじみ、牡蠣、ゴマなどが挙げられます。

この中で簡単に摂取できるのはゴマではないでしょうか。ご飯を食べる際になるべくゴマをかけて食べるとよいでしょう。

亜鉛は不足しがち

亜鉛は摂取しやすい栄養素ではありますが、生活の中の様々な場面で消費されてしまい不足しがちな栄養素でもあります。

亜鉛が消費される活動としては、ストレスによるもの、過剰な飲酒、自慰行為などが挙げられます。

亜鉛は消費量が吸収量を上回りやすい栄養素なので、これらの活動をなるべく抑えるようにしましょう。

大豆で作られた食品を食べる際、緑茶を一緒に飲むようにするとジヒドロテストステロンの発生を抑える効果があるといわれていますが、緑茶単体の摂取だとジヒドロテストステロンの発生が増加するともいわれています。

大豆食品と一緒に摂取する際もあまり飲みすぎると必要な栄養素であるテストステロンの発生を抑制してしまうので、大豆食品を食べるときに軽く飲む程度で押さえておくくらいがちょうどよいでしょう。

このように普段の食事にちょっとしたものを加えるだけで薄毛対策になるので、気を使うようにしてみましょう。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ