薄毛対策になる正しいドライヤーの使い方

ドライヤー

薄毛は些細なことが原因で発生したり、悪化したりしてしまいます。

一度薄毛になってしまった後にはなかなか治すことが出来なくなってしまいますから、薄毛対策は早いうちから、症状がまだ軽いうちから行っていくことが大切になるのです。

ドライヤーの正しい使い方

さて、では薄毛対策を行っていく際に重要なことは何かというと、ここで大切にしたいのがドライヤーの正しい使い方を心掛けるということです。

時としてドライヤーは薄毛の原因になると言われることもあるのですが、それは間違った使い方が原因です。

注意したいポイントとは主に二つです。

まず一つ目のポイントとなるのが温度です。

手早く乾燥させたいというような場合には温風を使って乾かしてしまいがちですが、常に温風を使って乾燥させてしまうと、頭皮に熱による負荷がかかってしまいます。

頭皮というのはそこまで強くはないため、温風が長時間かけられてしまうと頭皮にダメージが入ってしまい、髪の毛が弱くなってしまうのです。

髪の毛が弱くなってしまうと、今の髪の毛はもちろんのこと、これから生えてくる髪の毛も細く、切れやすいものになってしまいます。

そのため温風を常に使わず、冷風を織り交ぜて乾かすようにしなくてはなりません。

頭皮の湿度を保てるように

次に注意をしたいのが、一ヶ所に風をかけすぎないということです。

ドライヤーは温風で髪の毛に熱を持たせ、冷風で湿気を飛ばすというように使うことが大切です。

ですが温風にしろ冷風にしろ、風は頭皮にあるべき水分まで吹き飛ばしてしまうことがあります。

通常の頭皮であれば多少乾燥してしまったとしても問題は無いのですが、すでに薄毛になってしまっているというような頭だと、そうした回復力に関しても弱くなってしまっていることがあります。

そうした環境では髪の毛だけをうまく乾燥させ、頭皮に関しては湿度を保つというような形にするべきなのです。

こうした形でドライヤーを使っていけば、薄毛対策の効果は十分見込めます。

むしろ髪の毛を湿ったままにするとすぐに痛んでしまいますから、正しく使うようにしましょう。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ