大豆イソフラボンが薄毛対策に効果的な理由

7bcda9562d38e63a547666c408dc2ae5_s

薄毛に関しては生活習慣や外的な要因など様々な原因が知られていますが、その対策には食事を工夫することによっても効果を上げることができます。

大豆イソフラボンと亜鉛の効果

薄毛には大豆イソフラボンと亜鉛を含む食物を食べると効果があることが知られています。

薄毛の原因の1つにはジヒドロテストステロンの存在があり、この物質はテストステロンに5αリダクターゼが結合すると生成をします。

つまり、5αリダクターゼを抑制することができれば薄毛を防ぐことになり、大豆イソフラボンと亜鉛はそれを抑制するという特徴をもっています。

大豆イソフラボンは豆腐などの大豆食品に多く含まれますが、納豆に関してはその他に亜鉛も含まれています。

亜鉛に関しては、牡蠣、しじみ、エビ、牛肉、小麦、卵、エビ、ゴマ、そしてレバーやチーズに多く含まれており、簡単に摂取することができます。

注意しなければならないのは亜鉛の場合、摂取が容易であるかわりに消費をするのも早いということです。

大豆食品は緑茶と一緒に摂取をするとジヒドロテストステロンが抑制されるのが分かっていますが、緑茶だけの場合には、逆に増えてしまいます。

他に紅茶との組み合わせの場合などはテストステロンを減らすことなくジヒドロテストステロンを抑制してくれるという良い結果が期待できます。

大豆イソフラボンは増毛にも役立つ

また、大豆イソフラボンは髪を増やす場合においても効果があります。

髪はタンパク質からできているためにゴマや卵、レバーなどのタンパク質を多く含む食べ物を摂取すれば効果があり、それは大豆などの植物タンパク質にも当てはまります。

多すぎなければ動物性のタンパク質でも問題はありませんが、脂肪分などを考慮すれば、植物性の方が好ましいといえます。

大事なことは亜鉛を摂取するということで、亜鉛がなければタンパク質は髪に変わることはできません。納豆などのように2つの物質を持つものもありますが、多くの場合は別々に摂取することになります。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ