どこからが薄毛、ハゲなのか?基準について

30年後の男性

薄毛、ハゲの基準

どこからどこまでがハゲ、薄毛なのか?
これに関しては、人によって感じ方が違うので、人それぞれな部分もあるのですが、大抵は頭皮が透けて見えている状態が薄毛であったり、ハゲと呼ばれるようですね。

例えばつむじ部分や生え際が薄くなって頭皮が見えている時には薄毛と呼ぶ事が多いと言えます。

一方、完全に髪の毛がなく、頭皮が露出している時の状態は薄毛というより、「ハゲ」と言われますね。

本当はハゲていなくても、丸刈りだと自動的に「ハゲ」呼ばわりされることもあります。

また、つむじ部分だけが極端に髪の毛がなく、その他の部分はフサフサの状態の場合は薄毛ではなく、てっぺんハゲと呼ばれたりする事もあります。

程度によって、ニュアンスが違ってきますね。

ただ、人になんと言われようと、「自分はハゲていない」と感じるならば、それで良いでしょうし、逆に自分が気にしていても、周囲が何とも思っていないのならば、ハゲの基準というのはもはやどうでもいいことであったりもします。

結局のところ、自分がその髪の状態で良いのか?改善したいのか?が、一番問題になってきますね。
また、この記事でも述べていますが、薄毛であろうと、ハゲであろうと関係ないと感じることが出来るならば、「薄毛、ハゲの基準」なんて考えずに済みますね。

回復の見込みは?

単純に、まだ髪の毛が多く残っている薄毛の方が、回復の見込みはありますね。
例えば、前頭部はまだハゲていないけど、他の部分がハゲかかっている方というのは、治療薬やレーザーで治療できます。

しかし、前頭部のM字はAGAの影響で毛根ごとやられてしまっているので、を飲んでも、レーザーで治療しても再び生えてくることはありません。

前頭部のハゲをどうにかしたい方は、今の時代はカツラか?植毛手術を受けるしかありませんね。
ただ、受けるしかないとはいえ、植毛手術は薬などと違って副作用もなく、一生、生え続ける髪の毛を手に入れることが出来るので、初めのお金は痛いかもしれませんが、カツラや増毛などといったカモフラージュするだけの方法に定期的にお金を払うよりかは、お得だと感じます。

管理人が唯一オススメする家庭用レーザー育毛機ヘアマックス!

250x250 All

ヘアマックスは、実際に僕も使用している家庭用レーザー育毛機です。

ヘアマックスから放たれるレーザーの抜け毛予防・育毛促進の効果は、米国FDAからしっかり認可されている優れものです。

週に3回、数十秒、頭に被せているだけで良いので使いやすいですし、薬とは違って、副作用の心配を一切せずに使えますし、1回の購入で済むので財布にも優しいです。

さらに今なら、注文画面でキャンペーンコード「G1016」と入力するとすべてのヘアマックスが10%引きになるのでお買い得ですね

薄毛に悩んでいる方はぜひどうぞ。

468-60 All

管理人によるヘアマックスの解説に関してはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ